生活者の視点から、都市の「安全」と「環境」を考える
都市安全環境研究室(諫川輝之ゼミ)は、2017年4月、東京都市大学都市生活学部に開設された新しい研究室です。都市計画・建築計画や防災、環境心理学などをベースに、生活者の視点から安全で快適な都市環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を探究しています。

<研究内容>

  • 防災・減災、防犯に関すること
    暮らしの安全を脅かす事象(地震、津波、火災、犯罪など)を切り口として、都市の物理的・社会的な環境の課題を明らかにし、被害を減らす方策を検討する。
    →防災意識や避難行動、各種施設での災害対応、安全・安心のまちづくりなど。
  • 環境心理学に関すること
    都市や建築と人間の心理・行動との関係を明らかにし、快適な環境を実現するためのマネジメントのあり方を検討する。
    →都市空間のイメージ、来街者の経路探索、まちへの愛着など。

 

Blog

建築学会研究懇談会に登壇

日本建築学会大会が東北大学で開催され、9月5日に行われた建築計画部門の研究懇談会に諫川が登壇しました。「建築・ …

科学体験教室にプロ演の成果を出展

小中学生を対象とした「第17回 科学体験教室」に、当研究室から「地震発生!~身近なモノで災害を乗り切ろう~」を …

国際会議IAPSで発表しました

イタリアのローマ第3大学で開催された、ヨーロッパの環境心理系の国際会議 IAPS(International …

JARに英語論文が掲載されました

日本建築学会の新英語論文誌 Japan Architectural Review(JAR)に諫川の執筆した論文 …

そなエリア東京見学

プロジェクト演習の一環で、5月30日、江東区有明にある「そなエリア東京」に出かけてきました。東京臨海広域防災公 …

PAGETOP
Copyright © 東京都市大学 都市安全環境研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.