生活者の視点から、都市の「安全」と「環境」を考える

都市安全環境研究室(諫川輝之研究室)は、2017年4月、東京都市大学都市生活学部に開設された研究室です。都市計画・建築計画や防災、環境心理学などをベースに、生活者の視点から安全で快適な都市環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を探究しています。

<研究内容>

  • 災害と人間行動、人間社会に関する研究
    災害を切り口として、主体者としての人間の心理・行動特性や都市の物理的・社会的な環境の特徴と課題を明らかにする。
    →防災意識、リスク認知、避難行動、災害文化など。
  • 防災・減災、防犯に関する研究
    暮らしの安全を脅かす事象(災害だけでなく、日常災害や犯罪なども含む)に対して都市や建築の安全・安心を向上させる方策を検討する。
    →災害情報、各種施設における災害対応、防災教育、安全・安心のまちづくりなど。
  • 環境心理学、環境デザインに関する研究
    都市や建築と人間の心理・行動との関係を明らかにし、快適な生活環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を検討する。
    →都市空間のイメージ、来街者の経路探索、まちへの愛着など。

Blog

国際会議IAPSで発表しました

ヨーロッパの環境心理系の国際会議 IAPS(International Association for People-Environment Studies)第26回大会に参加しました。今年はカナダのケベックシティで開催 …

日本建築学会技術報告集に論文が掲載されました

当研究室1期生の翠尾渓くんの卒業研究をもとにしたプロ野球場の災害リスクと対策に関する論文が、6月発行の日本建築学会技術報告集に掲載されました。 日本のプロ野球12球団の各本拠地球場を対象として、想定される自然災害のリスク …

3・4年生合同ゼミをオンラインで実施しました

新型コロナウイルスの影響で授業開始が遅れていましたが、ようやく前期の授業が正式に始まり、5月21日(木)に研究室の3・4年生合同ゼミを実施しました。今年度、都市安全環境研究室には4期生10人が加わりました。普段のゼミは学 …

狛江市猪方地区における台風19号避難アンケート結果のご報告

東京都市大学都市生活学部 都市安全環境研究室では、昨年の台風19号上陸当日に避難勧告が発令され、一部で内水氾濫被害が発生した東京都狛江市猪方地区において『台風19号からの避難に関するアンケート調査』を実施させていただきま …

学位授与式が行われました

3月19日(木)に令和元年度学位授与式が行われました。今年は新型コロナウイルスの影響により体育館での式典は中止となりましたが、世田谷キャンパスの各教室で簡略化して学科別の学位記交付が行われました。 都市安全環境研究室から …

MERA研究会開催延期のお知らせ

3月13日(金)に予定しておりましたMERA第119回研究会「生活環境における災害リスク認知とコミュニケーション」は、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し開催延期となりました。 新たな開催日時は、改めてご案内させていた …

狛江市にお住まいの皆様へ【お願いと訂正】

現在、都市安全環境研究室では、狛江市猪方2・3・4丁目にお住まいの方を対象に「台風19号からの避難に関するアンケート調査」を実施しております。 お忙しいところ恐れ入りますが、調査票が届きましたらご協力のほどよろしくお願い …

卒研審査会が行われました

2月6日に都市生活学部の卒業研究審査会が行われ、都市安全環境研究室からは5名の学生が発表しました。今年度のタイトルは以下の通りです。 2回の中間発表を経て、確実に良くなりました。お疲れ様でした。 当日は研究室の3年生が司 …

PAGETOP
Copyright © 東京都市大学 都市安全環境研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.