生活者の視点から、都市の「安全」と「環境」を考える

都市安全環境研究室(諫川輝之研究室)は、2017年4月、東京都市大学都市生活学部に開設された研究室です。都市計画・建築計画や防災、環境心理学などをベースに、生活者の視点から安全で快適な都市環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を探究しています。

<研究内容>

  • 災害と人間行動に関する研究
    災害を切り口として、主体者としての人間の心理・行動特性や都市の物理的・社会的な環境の特徴と課題を明らかにする。
    →防災意識、リスク認知、避難行動、災害文化など。
  • 防災・減災、防犯に関する研究
    暮らしの安全を脅かす事象(災害だけでなく、日常災害や犯罪なども含む)に対して都市や建築の安全・安心を向上させる方策を検討する。
    →災害情報、各種施設における災害対応、防災教育、安全・安心のまちづくりなど。
  • 環境心理学
    都市や建築と人間の心理・行動との関係を明らかにし、快適な環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を検討する。
    →都市空間のイメージ、来街者の経路探索、まちへの愛着など。

Blog

卒研中間審査会が行われました

10月26日(土)に都市生活学部の卒業研究中間審査会が行われ、都市安全環境研究室からは4年生5名が発表しました …

台風被害のお見舞い

この度の台風第19号で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。1日も早い復旧をお祈り申し上げます。 当研 …

MERAジャーナルに論文が掲載されました

9月30日発行の人間・環境学会誌(MERAジャーナル)第43号に、諫川が執筆した原著論文が掲載されました。防潮 …

高山でゼミ合宿を行ないました(その2)

ゼミ合宿3日目は、高山からバスに乗り、世界遺産に指定されている五箇山相倉(富山県南砺市)と白川郷(岐阜県白川村 …

高山でゼミ合宿を行ないました(その1)

9月8日から10日まで、岐阜県高山市で2泊3日のゼミ合宿を行ないました。 研究室初となる今年のゼミ合宿は、飛騨 …

高山で公開講座を実施しました

都市生活学部が包括連携協定を結んでいる岐阜県高山市の「オープンカレッジin飛騨2019」に、「生活者目線のまち …

科学体験教室に防災ゲームを出展

小中学生を対象とした「第18回 科学体験教室」が8月6日(火)、本学世田谷キャンパスで開催され、都市安全環境研 …

3・4年生合同ゼミを実施

今年度から人数が増えたため、普段のゼミは学年ごとに実施していますが、定期的に合同ゼミを実施しています。7月18 …

PAGETOP
Copyright © 東京都市大学 都市安全環境研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.