生活者の視点から、都市の「安全」と「環境」を考える

都市安全環境研究室(諫川輝之研究室)は、2017年4月、東京都市大学都市生活学部に開設された研究室です。都市計画・建築計画や防災、環境心理学などをベースに、生活者の視点から安全で快適な都市環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を探究しています。

<研究内容>

  • 災害と人間行動、人間社会に関する研究
    災害を切り口として、主体者としての人間の心理・行動特性や都市の物理的・社会的な環境の特徴と課題を明らかにする。
    →防災意識、リスク認知、避難行動、災害文化など。
  • 防災・減災、防犯に関する研究
    暮らしの安全を脅かす事象(災害だけでなく、日常災害や犯罪なども含む)に対して都市や建築の安全・安心を向上させる方策を検討する。
    →災害情報、各種施設における災害対応、防災教育、安全・安心のまちづくりなど。
  • 環境心理学、環境デザインに関する研究
    都市や建築と人間の心理・行動との関係を明らかにし、快適な生活環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を検討する。
    →都市空間のイメージ、来街者の経路探索、まちへの愛着など。

Blog

南町田プロジェクトの中間発表会を行ないました

当研究室では、昨年度から東急総合研究所と連携して、南町田周辺の地域資源発掘と認知度向上策の検討を行なっています。今年度は先輩から引き継いだ3年生が3つのグループに分かれて周遊マップの作成と地域活性化に向けた提案づくりに取 …

日本建築学会技術報告集に論文が掲載されました

高層ビルからの順次避難における情報のあり方が在館者の心理状況にどのような影響を与えるかを実験的に検討した研究の成果が、6月発行の日本建築学会技術報告集に掲載されました。 これは、当研究室2期生の斉藤潤くんの卒業研究をもと …

MERA大会で発表しました

人間・環境学会(MERA)の第28回大会が5月29日(土)・30日(日)の2日間、オンラインで開催されました。 諫川は狛江で行なっている避難場所選択の研究について口頭発表を行なったほか、1日目のワークショップでのコメント …

南町田周辺でフィールドワークを行ないました

今年度もプロジェクト演習では、南町田周辺の地域資源の発掘や地域活性化に向けた提案を行なっていきます。4月22日にキックオフとして、東急総研の太田様にご案内いただき、南町田グランベリーパーク周辺でフィールドワークを行いまし …

3・4年生合同ゼミを行いました

今年度最初のプロジェクト演習の時間を利用して、4月15日に研究室の3・4年生合同ゼミをハイブリッド形式で行ないました。諫川からゼミの進め方や今年度のスケジュールについて話をした後、メンバーの自己紹介と4年生の研究テーマ発 …

東松山市高坂地区で実施した「水害リスクと居住地の選択に関するアンケート調査」の報告書を公開しました

東松山市高坂地区において2020年11月に実施させていただいた「水害リスクと居住地の選択に関するアンケート調査」の結果がまとまり、報告書を作成しました。以下のページにて公開させていただきます。 報告書はこちら(resea …

世田谷区内で実施した「水害に対する意識に関するアンケート調査」の報告書を公開しました

世田谷区北沢3丁目、代沢3丁目、上馬5丁目において、2020年11月に実施させていただいた「水害に対する意識に関するアンケート調査」の結果がまとまり、報告書を作成しました。以下のページにて公開させていただきます。 報告書 …

「ニューノーマル時代の新しい住まい」が発売されました

東京都市大学総合研究所未来都市研究機構のヒューマン・センタード・デザイン研究ユニットの教員で執筆した「ニューノーマル時代の新しい住まい」がクロスメディア・パブリッシングから出版されました。昨年郊外都市で実施したコロナ禍で …

PAGETOP
Copyright © 東京都市大学 都市安全環境研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.