生活者の視点から、都市の「安全」と「環境」を考える

都市安全環境研究室(諫川輝之研究室)は、2017年4月、東京都市大学都市生活学部に開設された研究室です。都市計画・建築計画や防災、環境心理学などをベースに、生活者の視点から安全で快適な都市環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を探究しています。

<研究内容>

  • 災害と人間行動、人間社会に関する研究
    災害を切り口として、主体者としての人間の心理・行動特性や都市の物理的・社会的な環境の特徴と課題を明らかにする。
    →防災意識、リスク認知、避難行動、災害文化など。
  • 防災・減災、防犯に関する研究
    暮らしの安全を脅かす事象(災害だけでなく、日常災害や犯罪なども含む)に対して都市や建築の安全・安心を向上させる方策を検討する。
    →災害情報、各種施設における災害対応、防災教育、安全・安心のまちづくりなど。
  • 環境心理学、環境デザインに関する研究
    都市や建築と人間の心理・行動との関係を明らかにし、快適な生活環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を検討する。
    →都市空間のイメージ、来街者の経路探索、まちへの愛着など。

Blog

防潮堤が避難意識に与える影響に関する記事が朝日新聞に掲載されました

諫川が沼津市内で行なった防潮堤が避難意識に与える影響に関する研究について取材を受け、2月21日(日)付け朝日新聞朝刊第2総合面に震災特集の一部として研究成果とコメントが掲載されました。 防潮堤はある想定以下の津波を防ぐも …

建築人間工学研究会に登壇しました

2月13日(土)に開催された、日本建築学会建築人間工学小委員会主催の第67回建築人間工学研究会「災害タイムラインと避難行動計画」にパネリストとして登壇しました。 諫川からは「水害時の避難意思決定と避難場所選択行動」と題し …

卒研審査会が行われました

2月5日(金)に都市生活学部の卒業研究審査会が行われ、当研究室からは8名の学生が発表しました。コロナ禍の影響で今年度は2回の中間審査会と今回の最終審査会がすべてオンラインでの実施となりました。色々やりにくい1年でしたが、 …

南町田プロジェクト発表会のご案内

都市安全環境研究室では、今年度後期より東急総合研究所様のご協力をいただき、3年生のゼミ活動(プロジェクト演習)の一環として、「南町田周辺の地域資源の発掘と認知度向上策の提案」に取り組んでおります。対象エリアを3つの地域( …

研究室学生との座談会を行ないます

研究室配属を控えた都市生活学部2年生の皆さんを対象に、当研究室の先輩が研究室の研究活動や日頃の様子について質問や相談に答えるオンライン座談会(第2弾)を実施します。 日時:1月15日(金)12:50~13:20方法:Zo …

オープンラボ参加予定の2年生の皆さんへ

後期第4クォーターの授業が原則オンラインになったため、研究室説明会等の対応を以下のように変更します。対面で参加する場合は十分気を付けて登学してください。 ①研究室説明会・プロ演見学12月10日(木)4・5限(121教室) …

MERAでリスク認知に関する研究会を開催しました

2020年11月28日、MERA(人間・環境学会)第119回研究会「生活環境における災害リスク認知とコミュニケーション」をオンラインで開催しました。この研究会は諫川が企画して当初3月に開催する予定でしたが、コロナの影響で …

東松山市高坂地区にお住まいの皆様へ

現在、当研究室では東松山市高坂地区(大字高坂・あずま町)にお住まいの皆様を対象に「水害リスクと居住地の選択に関するアンケート調査」を実施しております。 お忙しいところ恐縮ではありますが、お手元に届きましたらご協力のほどよ …

PAGETOP
Copyright © 東京都市大学 都市安全環境研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.