生活者の視点から、安全・安心な都市環境の実現を追究する

都市安全環境研究室(諫川輝之研究室)は、2017年4月、東京都市大学都市生活学部に開設された研究室です。都市計画・建築計画や防災、環境心理学などをベースに、生活者の視点から安全・安心で快適な都市環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を探究しています。

<研究内容>

  • 災害と人間行動、人間社会に関する研究
    災害を切り口として、主体者としての人間の心理・行動特性や都市の物理的・社会的な環境の特徴と課題を明らかにする。
    →防災意識、リスク認知、避難行動、災害文化など。
  • 防災・減災、防犯に関する研究
    暮らしの安全を脅かす事象(災害だけでなく、日常災害や犯罪なども含む)に対して都市や建築の安全・安心を向上させる方策を検討する。
    →災害情報、各種施設における災害対応、防災教育、安全・安心のまちづくりなど。
  • 環境心理学、環境デザインに関する研究
    都市や建築と人間の心理・行動との関係を明らかにし、快適な生活環境を実現するためのデザインやマネジメントのあり方を検討する。
    →都市空間のイメージ、来街者の経路探索、まちへの愛着、居住地選択など。

Blog

水族館の関係者の皆様へ

現在、当研究室では、全国の水族館における災害時対応や飼育生物の扱いなどに関するアンケート調査を実施しております。 お忙しいところ大変恐縮ですが、担当学生より連絡がありましたらご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

9月卒業の学位授与式が行われました

9月17日(土)に前期末卒業者の学位授与式がTCUホールで行われ、都市安全環境研究室の渡邊和輝くんが卒業しました。 おめでとうございます!

昭和女子大学との合同ワークショップを実施しました

世田谷プラットフォームで実施している歩きやすいまちづくりに関する共同研究の一環で、昭和女子大学との合同ワークショップが9月12日(月)に本学世田谷キャンパスで開催され、当研究室から3年生3名と諫川が参加しました。 当日は …

科学体験教室に避難所体験の企画を出展

小中学生を対象とした「第20回 科学体験教室」が9月11日(日)に世田谷キャンパスで開催され、都市安全環境研究室から「つくって!えらんで!ひなんじょたいけん」を出展しました。 この企画では、大地震時の避難を想定して、非常 …

小中学生向けの防災イベントの準備を行なっています

9月11日に本学で開催される第20回科学体験教室に、当研究室から避難所体験の企画を出展します。今年は3年ぶりに対面での開催となりました。参加される皆さんに楽しみながら防災について学んでもらえるよう、現在研究室の有志と2年 …

日本建築学会大会で発表を行ないました

2022年度日本建築学会大会が9月5日~8日に行われ、学術講演会初日最初の「居住地選択と生活再建」のセッションにおいて諫川が口頭発表を行ないました。コロナ禍の影響で今年もオンライン開催となりましたが、発表は久しぶりにライ …

南町田プロジェクトの中間発表会を行ないました

当研究室では、今年度も東急総合研究所と連携して、学生主体の「南町田プロジェクト」を行なっています。今年度は3年生がこれまでの提案の方向性を引き継ぎつつ、境川沿いの空間整備と周辺地域を結ぶモビリティをテーマに検討しています …

日本建築学会計画系論文集に論文が掲載されました

河川に近い地域の人々が居住地を選択する際に水害リスクがどの程度考慮されているのか、居住地の水害リスクの有無が居住地選択や災害リスクに対する考え方にどのような影響を与えるのかを明らかにするために、東松山市高坂地区の居住誘導 …

PAGETOP
Copyright © 東京都市大学 都市安全環境研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.